提灯・電照コードとは?基礎・基本を学ぶ

第141回 長谷川正の「言ったモン勝ち」


地元のお祭りやイベントで飾られている提灯を光らせるためのコードを「提灯コード」と呼んでいます。前のブログで紹介した、工事現場で使われているスズラン灯(照明)も、提灯用に使えば提灯コードと呼べなくもありませんが、提灯コードには提灯に特化した機能が備わっています。また、最近になって増えてきた電照栽培向けの「電照コード」を紹介します。

提灯・電照コード

まず、フックが付いていること。このフックは、提灯のツルを引っ掛けるものであり、かつフックを紐などに引っ掛けてコード自体も保持するという複数機能を持っています。紐なんていらないのでは?とも思われますが、紐を使わないで提灯コードをセッティングするとコード自体に引っ張りの力が働き、コードの長さ、たわみの少なさ、提灯の数によって引っ張りの力が強くなります。電線が常に引っ張られている状態だと、いつか断線する危険性を含みますのでお勧めしません。加えて、屋外で提灯が受ける風雨などの影響も少なくありません。このような場合、フック無しも選択できるようになりました。結束バンド用の取付穴を利用して固定することができるので、最近では、いちごなどの栽培向けに電照コードとして、日本全国のビニールハウスで活躍しています。電照栽培の事例はこちら。

提灯(ちょうちん)コードとは?

次に防水ソケットが使用されていること。もともと電球をねじ込むための器具をソケットと呼びますが、その構造より下部からの水の侵入を防止することは出来ません。しかし、ソケットを下向きに使用するという環境下で「線付防水ソケット(JIS C 8302)」という唯一の防水規格が存在します。つまり、安全に提灯コードを使用するためには、構成されるソケットも防水であることが必要条件となります。

ちょっと脇道に逸れますが、今現在巷で実際に使用されている提灯コードのほぼ全ては防水認定が取れません。(ちなみに当社製品の約半分は防水認定製品です。)実際に提灯が使われるのは屋外がメインなのに、それが事実です。なぜなら、防水認定を取るためには構成する全てのパーツ(電線、プラグ、コネクター、分岐部分、ソケット)が防水試験に合格し、かつ防水規格をクリアする必要があるからです。確かにひと昔までは若干規制が甘く、街の電気屋さんがピン端子型プロソケットというパーツで自作した提灯コードを使用することが習慣化していました。しかしながら、風雨に晒された自作提灯コードの感電事故が相次ぎ、2008年にピン端子型プロソケットの販売製造が中止となっています。

【関連ブログ】
スズラン灯(照明)とは?基礎・基本を学ぶ
提灯・電照コードとは?基礎・基本を学ぶ
電気は難しいとは?基礎・基本を学ぶ
一般家庭に必要な電気知識とは?基礎・基本を学ぶ
家庭の契約アンペア数とは?基礎・基本を学ぶ
防滴、防雨、防水規格の違いとは?基礎・基本を学ぶ
電圧降下(ドロップ)とは?基礎・基本を学ぶ


*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」
提灯コードの動画
*提灯コード動画始めました。
提灯コードのイメージ
*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」
テラリウム

TOP