企業情報

COMPANY

会社概要
メッセージ
経営方針

会社概要

1941年創業の実績と信頼

創業70年以上の歴史


私たちは1941年創業という70年以上の歴史を持っています。

創業者の長谷川泰夫は第二次世界大戦の混乱の下、埼玉県川越市の工場にて製造したベーク製キーソケットを背嚢に詰め、東京秋葉原界隈へ売り歩き生計を立てていました。それが私たちの事業の原点となっています。



その後、2代目社長の長谷川健一は一般配線器具へと製品範囲を拡大、また、取引関係の深かった電気工事業者の要望に応えるため仮設工事用の分岐ケーブルや照明器具の製造を開始し、現在の長谷川製作所の礎を築きました。



2021年には創業80周年、2041年には創業100周年の節目を迎えます。

100年続く企業を創造するということは、その企業に文化・精神を如何に根付かせるかが重要です。

そのためには「ものづくり理念」の原点に常に立ち返ることが必要であり、それを愚直に実践していくことが未来を託された私たちのミッションだと考えています。

メッセージ

「少数だからこそ精鋭になれる」

 長谷川製作所は埼玉県川越市に本社を構える中小企業です。手前味噌ですが規模は小さいながらも人員はそれなりの少数精鋭と自負しています。しかしながら、決して精鋭を少数集めたわけではありません。「自社ブランド製品」を創り出すためには、市場マーケティング、採算性や将来性の検討をはじめ、生産設備、部品設計、製造工程、品質管理、販売活動、保守メンテナンス等、携わる業務は多岐にわたります。それらを愚直に遂行することによって製造プロセスの川上から川下まで幅広い見識を持つようになり、その経験を通じて「精鋭」へとステップアップしていったと私は思っています。また、この良き社風を次世代の人たちに伝え続けることも経営者のやるべき役割の一つだと考えています。

当社が狙いを定めるマーケットは小さな「ニッチ市場」に過ぎませんが、その中でも一際輝く大きな「オンリーワン企業」を目指し、全社一丸となって日々精進することをここに宣言いたします。

経営方針

オンリーワン技術でまちと現場を照らす

ものづくり理念



社会と地域を大切にし、企業の成長と社員の幸せと協力企業の繁栄が融合する企業を目ざします。

私達はお客様に喜ばれる、特色のあるものづくり企業を目ざします。

創造する頭脳と、優れた品質を作りこむ手、販売サービスする足を持つバランスの取れた企業を目ざします。

限りある資源を有効に活用し、自然と共生できる企業を目ざします。



人材育成理念



「私がつくる、未来のわたし」



会社は社員の育成を使命とする。行動すればこそ成長があり、ゆえに未来のわたしとなる。



ビジョン



「スモールジャイアンツになる!」



行動指針



私は、固定観念にとらわれず、新しい考え方を柔軟に取り入れ、環境変化に適応します。

私は、自分の役割と目標を自覚して行動します。

私は、出来ない理由を探すよりも、どうすれば出来るようになるかを考え、前向きに取り組みます。

私は、自分ひとりで仕事するのではなく、チームの一員として協調し、行動します。

私は、チャレンジ精神とバイタリティを持って、成長し続けます。

私は、社員である前によき社会人として、規律と誠実をもって行動します。

TOP