国の借金1000兆円は嘘?

2015-03-08

先日、三橋貴明氏のセミナー「日本経済の嘘と真実」に参加しました。

人気ブログランキング(政治部門)のトップに君臨する三橋氏。最近では韓国経済の実態を分析し評判になっていますが、今セミナーは中小企業に分かりやすいテーマなので助かります。

インターネット上の公表データを基に、日本経済の本当の姿を丁寧に解説して頂きました。

その中で、わたしが唸ったのは次の一言。

「国の借金1000兆円は嘘」

確かに新聞紙上にて、国の借金が1000兆円を超え、国民一人当たりの借金は800万円以上、と掲載され、その時、「ああ、私にもこんなに借金があるんだな」と思った記憶があります。

ところが三橋氏の理論では、

「国の借金が1000兆円、国民一人当たり800万円の借金」ではなく

「政府の借金が1000兆円、国民一人当たり800万円の債権」である。

言い換えれば、800万円借りているのではなく、800万円貸している。

借金とは国債の発行金額だが、その国債を購入しているのは日本銀行を含む国内の銀行が大半で海外からの資金調達はほとんど無い。

つまり、我々国民が保有している現金を銀行へ預金し、銀行はそのお金で国債を買っているので、国民が政府にお金を貸しているのと同等である、とのこと。

また、どんなに政府の借金が増えようとも、破たん(デフォルト)は無い。

う~む、皆さん、どう思われますか?

ちなみに、私は納得してしまいました。

ブログイラスト(正)

PostedBy