企業経営にSDGsを取り入れた経緯

2019-12-31

第92回 長谷川正の「言ったモン勝ち」

先日の第1回SDGsエコフォーラムin埼玉(東洋大学にて開催)など、当社がSDGsを取り入れた企業として紹介される機会が増えてきましたが、実際のところ本格的に意識して活動し始めたのは昨年あたりからであり、その背景はそれほど深くありません。言葉を返せば、それだけSDGsを取り入れている中小企業が少ないということになります。

私を含めた大部分の中小企業経営者は、
「SDGsを取り入れると業績が上がるのか?」
「なぜSDGsを取り入れないといけないのか」
「どうやってSDGsを取り入れるのか」
などの疑問を持つのは当然です。つまり、何らかのメリットを明確に示すことができないと会社としては動きづらいところがあるのでしょう。ちなみに、経済産業省が2018年に実施した調査では、「SDGs について全く知らない(今回の調査で初めて認識した)」と回答した中小企業は 84.2%に上るそうです。

2年前までは私もこの84.2%の仲間でした。しかし、以前から参加してきた大学生との討論会を経て、少しずつ変化しつつある今どきの若者が持つ働く意識に向き合うには我々中小企業も変わらなければならない、そのために必要なのがSDGsの取り込みではないかとの考えこそが当社SDGs活動の原点であります。

なお、2月にさいたま市で開催されるSDGsセミナーでも導入企業の事例発表を行う予定がありますので、少しでも多くの中小企業にご賛同いただけたら幸いです。
SDGsホイール

社長ブログ「言ったモン勝ち」では日々に役立つ情報を発信しています。

*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」
ワンタッチ提灯コード
*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」

次回は1月7日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正