インターンシップでモノづくりの楽しさを!

2019-11-12

第86回 長谷川正の「言ったモン勝ち」をお送りします。

当社は数年前から就業体験(インターンシップ)の高校生を受け入れています。一般的になりつつあるインターンシップですが、高校生のメリットとしては、何といっても興味のある業界や企業の姿を見ることができることでしょう。就職してから「こんなはずではなかった」といったミスマッチによる早期離職率を抑えるためにもインターンシップは素晴らしい制度と私は思っています。

しかしながら受け入れる企業側としては重大な責任を負うことになります。たったの数日間といえども人さまの大事な息子を預かる訳ですから、特に安全面に最大の注意を払う必要があるでしょう。そのため通常の作業に全く関係のない軽作業しか与えない企業もあると聞いています。モノづくりが好きで製造業を希望した高校生に対して、その楽しさを体験させてこそのインターンシップ制度なのに・・・。

当社では照明器具のカバーに使用されるアクリルグローブの製造工程を高校生に担当してもらいました。この成型法はインジェクションブローを呼ばれており、日本広しといえども当社でしか見ることができないオンリーワン技術となっています。また、納入先は品質にもっと厳しいP社やO社といった上場企業であり、決して楽な作業ではありません。

初日は冷や冷やしながら高校生の一挙手一投足を見守っていましたが、3日目にもなるとそのぎこちなかった作業にも次第に流れが生まれ、品質的にも安定した兆しが見られました。自分が部品を組み上げた製品がユーザーへ出荷された時、そしてユーザーから「対応ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらった時、彼らはどのように感じているのでしょうか?机に向かって勉強している時とは全く違う感覚を、是非とも体験して欲しいですね。

社長ブログ「言ったモン勝ち」では日々に役立つ情報を発信しています。

*癒しの世界を楽しむ、割れにくいアクリル製「テラリウム」

*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」

ワンタッチ提灯コード

*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」

次回は11月19日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正