社員旅行を社員全員でプロデュース

2019-04-09

第65回 長谷川正の「言ったモン勝ち」をお送りします。

当社では毎年6月に社員旅行を実施してきましたが、ここ最近参加率が低く頭を悩ませていました。特にパート社員の参加者が極端に少ない。何とか打開できないものか?しかしながら、今年の社員旅行は久しぶりの大所帯となりそうです。

この機会にググってみると、社員旅行を実施している会社は1994年に90%近くあったが、2014年には約半分の46%まで落ち込んでいる(産労総合研究所調査)。おそらくバブル崩壊と共に余分な費用と見られがちな社員旅行が真っ先に消滅していったと思われます。なお、当社も同じ時期があったが十数年前に復活して現在に至っています。

社員旅行なんだからやっぱり温泉で宴会してお泊りでしょ、なんて考えはもう古い。大多数が正社員であれば成り立つかもしれないが、当社は正社員よりもパート社員の方が多く、泊りの旅行に参加できるのはごく僅かな人たちに限定されてしまう。それでも時間をずらしてみたり、女性の好きな温泉、グルメ、ショッピングを揃えるなど趣向を凝らしてみたのだが、参加者は益々減る一方・・・。

そこで、今年は社内のES向上委員会に主催してもらい「なぜ社内旅行に参加できないのか(したくないのか)」というアンケートを皮切りに、行ってみたい場所や希望日など広く全員の意見を聞き出し、参加率向上を目指して事前調査してみました。

そして、一泊旅行は日帰り旅行へ、温泉はミュージカル観劇に方向転換した結果、今年の社員旅行は全40名中、35人が参加予定という、なんとも嬉しい結果となりました。協力してくれたES向上委員会の皆さん、旅行幹事のTさん、旅行代理店のYさん、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

社員旅行

ブログのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

次回は4月16日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正