長野県より鉄骨入りました

2018-05-02

第27回 社長の「言ったモン勝ち」をお送りします。

隣地の新工場建設状況を報告します。前回まではコンクリートの基礎工事を行っていましたが、最近になってやっと鉄骨が建ちはじめました。

鉄骨は木造の木材のように建築物の骨組みの役割を果たしますが、設計・製作された鉄工所は長野県内というから驚きです。聞くところによると関東圏内の鉄工所では忙しいとのことで引き受けてもらえなかったらしい。もしかして、東京オリンピック需要の影響がここにも?

鉄骨工事も2日程で建物らしいというか工場らしくなってきました。屋根や外壁はまだまだ先ですが、あと数ヶ月で完成引渡しになるなんて、意外と簡単に建ってしまうんだなというのが実感です。

次回は5月8日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正