節約しすぎる故の大いなる誤算

2020-01-14

第94回 長谷川正の「言ったモン勝ち」

LED照明器具のメーカーという仕事柄、省エネルギーに関する話題には敏感になります。例えば最寄り駅の照明や看板はほとんどLEDに置き換わっている。車の運転中は前車のハイブリットエンブレムが目に入り、昔は珍しかった電気自動車もちらほら見かけるようになった。歩行者信号機はまだまだ電球だけど、信号機は大部分がLED化している。いつの間にか日常生活の中に省エネルギーが自然と溶け込んできてますね。しかしながら、先日はそんな節約しすぎる故に起こりえたトラブルでした。

朝から客先訪問中の私に一報が入った。本社トイレの排水管が詰まったとの連絡。
「えっ、何で?だってまだまだ新築だよ。」
「とにかくトイレの水が流せない。今さっき水道屋さんに連絡したところ。」

実際に立ち会ったわけではないので何とも言えないが、それから本社では大変な状態だったらしい。バキューム車は来るし、高圧洗浄車は来るし・・・・・・。

結局のところ、大量のトイレットペーパーが排水管に詰まり、水が逆流していたとのこと。通常ならば、トイレットペーパーは水に溶けやすいため一緒に流れていってしまうのだが、流す水が極端に少ないと管の中に溶け残ってしまうことがよくあるそうだ。工場内の水洗設備も診てもらったところ、今回の原因は水型トイレの可能性が高いということになった。

工場にとって良かれと思ってトイレを節水型に指定したのに、かえって工場を痛めつけてることになるとは。まるで、健康のためにダイエットしている人が身体を悪くしたようなことですね。何にせよ、何事にも行き過ぎは良くないみたいです。

とにかく、急なトラブルにも即日対応してくれた〇〇水道さんに心から感謝!!

社長ブログ「言ったモン勝ち」では日々に役立つ情報を発信しています。

*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」
ワンタッチ提灯コード
*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」

次回は1月21日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正