電気はなぜ難しいのか

2016-03-24

仕事柄、電気に携わる機会が多いのですが、自分がそれを理解すること、ましてや他の人へ説明するとなると実に難しく悩ましい、と日々痛感しています。

例えば、力のかかり方やモノの重さは、目で見えたり身体で感じることができます。普段から触れて見ているものに力を大きく加えれば変形したり潰れたりする、または重いものを持てば腕や腰が痛くなるなど、感覚的に理解しやすいものです。

一方電気にはそれが見えません。辛うじて見えるのは電力掲示板の数値が変化する、もしくはテスターの針が揺れる程度です。しかしながら、そんな見えないモノを理解する難しさが電気の醍醐味であり、また私を惹きつける部分なのかもしれません。

はせがわ小江戸通信第86号を加筆修正※

PostedBy ねこママ