蛍光灯の今後

2016-01-08

ニュースにもなっていましたが、政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度を目途として実質的に禁止する方針を決めました。業界最大手のパナソニックが2018年度中に蛍光灯照明器具の生産から完全に撤退することを発表した事もあり、LED照明器具への移行はさらに加速するでしょう。

エコな面が強調されているLEDですが万能ではありません。雪国でLEDを使った信号機を導入したところ、電球に比べて表面温度が低い為に雪が解けず、信号が見えなくなるというケースも頻発しました。LED化の波は止められませんが、すべてではなく、長所短所を見極め適所に配置することが大切です。

これは人事と同じですよね。当社の照明もLEDが主体となりますが、作っている人間は蛍光灯も電球もローソクもいる、そんなバラエティ豊かな人材でこれからもお届けいたします。

担当 長谷川雄大

※はせがわ小江戸通信 第84号より抜粋※

PostedBy