オンリーワン技術のプレッシャー

2017-02-16

当社には、主に街路灯やインテリアライトのカバーに使用される「アクリルグローブ」という製品があります。ゴム風船を膨らませるようにプラスチックを加工する製法は「インジェクション・ブロー成形」と呼ばれ、当社のオンリーワン技術、国内シェア100%の花形製品です。

「必ず受注できていいね。」とよく言われるのですが、ライバルがいないというのは逆にプレッシャーがかかります。つまり、必ず供給する責任があるということになり、少しのミスも許されないわけです。その対策として、今期から複数年計画で大規模な設備投資を行い、生産能力や品質のレベルアップを試みています。一部の金型はすでに更新済みなので、いま手元にある製品が少し綺麗になっているのが実感されるはず、いいえ、実感されるならこんなに嬉しいことはありません。

担当 長谷川 正

(はせがわ小江戸通信No.96より)

PostedBy