インフルエンザワクチンは効果が無い?

2019-02-08

インフルエンザの予防接種が始まっています。例年、ワクチンを打ってもインフルエンザになってしまった、という話を聞きます。なぜワクチンを打っても感染してしまうのでしょうか?それは、インフルエンザウイルスの遺伝子はとても変異しやすく、古い型のワクチンでは対応しきれない新型インフルエンザにとって代わることが多いからです。

また、抗体ができる場所にも理由があります。主にインフルエンザウイルスは鼻や喉の奥の粘膜に付着しやすく、体内の免疫細胞が活性化していると感染は防止できます。しかし、予防接種は皮下接種でワクチンを注入するので血液中にウイルスが侵入してから感染を防御する事になるため、どうしても抑えきれなくなってしまうからです。ワクチンは全く効果が無いわけではありませんが、手洗いうがい、十分な栄養や休息で体調を整えるといった基本的な防止策が必要な事に変わりはないようです。

担当 野呂(はせがわ小江戸通信119号より

社長ブログ「言ったモン勝ち」では日々に役立つ情報を発信しています。

*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」
ワンタッチ提灯コード
*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」

PostedBy ねこママ