Sコーヒーにはブラックが似合う?

2019-11-26

第88回 長谷川正の「言ったモン勝ち」

先日、某大学の学生(Aさん)と雑談した時のこと。Aさんは大学4年生と聞いていましたので、何気なく就活の話題を振ってみました。

私「どこかに就職決定した?」
A「就活は終わりました。Sコーヒーに決定しました。」

Sコーヒーはアメリカ発祥のコーヒーチェーン店。ちょっとメニューはお高めですが、お洒落で洗練された快適な空間と最高のサービスを売り物にしている企業です。店舗は全国展開しており、誰でも一度はロゴを見かけたりお店に入ったことがあるのではないでしょうか。AさんはSコーヒーでアルバイトを3年間続けており、店舗のタイムマネージャーまで任されているそうだ。


写真はイメージです

私「すごいじゃない、じゃあ、4月からは一流企業の社員だね?」
A「いいえ、アルバイトを続けます。」
私「えっ、どうゆうこと?」

よくよく聞いてみると、来年4月からの正社員採用ではなく、更に1年間のアルバイト採用を経て、再来年4月から正社員になるそうだ。

私「それって、正社員になれる保証は?内定通知書など書面のやり取りはあるの?」
A「いいえ、採用担当者と話しただけです。」

Aさんとの会話はここまでですが、何か釈然としません。そもそも1年以上先の内定なんてあり?仮にAさんが大学3年生だったら超青田買いもあるかもしれません。若しくはアルバイトの1年間は試用期間か?でも、正社員待遇であるからこその試用期間であり、1年間なんて聞いたことない。

Aさんにとって最悪なパターンなのが、1年後でも正社員になれずにずっとアルバイトという良く言えばフリーター、悪く言えばプータローになること。この期間、Aさんはずっとキープ状態なので、企業からしたら学生を選り好みし放題ってことになる。確かにAさんの通っているのは知名度があるとは言えない大学ですが、タイムマネージャーまでキャリアアップしたAさんにその仕打ちはないでしょ。また、それは内定の取り消しに相当するので違法ですよ。

考えれば考えるほどSコーヒーがブラック企業に思えてきた。ただし、これはあくまでも私感であるので皆さんに誤解してもらっては困ります。今後、Aさんとの付き合いはありませんが、私の悲観的想像が思い過ごしもしくは杞憂になってくれることを望みます。

社長ブログ「言ったモン勝ち」では日々に役立つ情報を発信しています。

*国内唯一のプラスチックを膨らませる技術「アクリルグローブ」
ワンタッチ提灯コード
*工事不要、誰でも手軽に提灯を飾ろう!「LED提灯コード」

次回は12月3日(火)に更新いたします。

PostedBy 長谷川 正